看板を手作りする方法教えます

小さなお店の看板手作り方法を考察する

手作りのA型看板に営業してもらおう

      2014/12/22

aka1

自作で作ってもA型看板は立派な営業マンになります。

A型看板を手作りで制作して立派な営業マンにしている例

骨組みで使っている木材は少し太目の6センチ×6センチぐらいの角材

A型看板が安い!激安!メニューブック通販ショップ

骨太で見た感じもドッシリとしていて、いかにも頑丈です!とアピールしているような看板です。

おそらく制作した時にキチンとペンキも塗ったのでしょう、作った本人は「もうボロボロですよ」といいますが、確認するまでもなく、「味」が出ていてすごく良い雰囲気の看板になっています。

広告面に使われているのはコンパネで、その上から厚み1ミリぐらいのホワイトボードのような板がついていました。

マーカーでも文字を入れるようで、そういう仕様になっているみたいです。

そのホワイトボードのような板自体は、がびょうで止めてありました、取り外しを容易にする為だとか、色々と考えますね、さすがにプロにはこういう発想はありませんから恐れ入ります。

それから、文字や、看板の内容はマーカーの他には、パウチした看板内容になっていました。

やっぱりパウチは便利ですね。

沢山アイデアを出して、それなりの量を作っておけば日替わりでパウチだけを交換する方法もありますからね。

看板は風に弱いですよね、と言う事で看板の足元を見てみましょう

aka2

キチンと風の対策もしてあります、重しを設置してワイヤーロックで固定しています。

毎日の事なのでものすごくメンドクサイ所ですが、風で飛んで人様に怪我をさせるよりは・・・って所です。

作ったご本人は、この重しの部分で制作ミスがあったとボヤいていました。

aka3

赤丸で囲んだ横の骨部分なんですが、地面に近い所で横に渡してあげておけば、重しをその上に乗せる事が出来たと言っておりました。

確かにワイヤーロックで繋ぐよりも上から重しを乗せて終わりのほうが楽ですからね^^

と言う事でA型看板を手作りする方はこの部分要注意してくださいね。

 - 皆の手作り看板ギャラリー , , ,