看板を手作りする方法教えます

小さなお店の看板手作り方法を考察する

DIYで看板を製作する時は劣化を恐れずに出来る範囲でがんばりましょう

      2014/12/22

a0003_001528

 

 

不況とか関係なく自分のお店の看板をDIYしたい人も多いはず

看板を手作りDIYで作りたい方が多いです

グーグルで「看板」と入れた場合、その次に「手作り」と言うワードが見つかります

趣味がDIY,自分で何かビルダーのような仕事をしているなどの方は容易に看板は制作する事が出来ると思います。

ところが、何も道具を持っていない方はかなり敷居が高いと思いますよ。

何故なら部材も道具もホームセンターに売っている物で簡単に作れますが、初期投資が高すぎます。

それから生活に困るぐらいお金が無いのであれば仕方ないとしても、お店を経営されているような方は自分の時間給を考えて制作に入ってくださいね。

知恵袋などで、マスキングテープを広告面全面に貼り付け、文字をくり抜き、スプレーする方法を良くみます。

確かにこの方法で綺麗に出来ると思いますが、使うスプレーをどれぐらい振っているのかな?

市販のスプレーを細かい文字に使う場合でより美しく作るなら、最低5分は振り続けて塗料の粒を細かくする配慮が必要です、

「味のある看板」と言う意味では「有り」ですが・・・時間給を考えるとハッキリ言って合いません。

純粋に手作りを楽しみたい方は、すでに道具などを持っているはず・・・

過去に色々な物を製作している経験があるから「感覚として楽しめる」はず・・・

お金が無い、などの理由の方は困りましたね^^;

基本的に好きじゃないけど必要に迫られて作る・・こんな感じでしょうか?

看板・・あまり難しく考えないでください。

段ボールに文字を手書きしても看板

A4コピー用紙に手書きしても看板

木材に書いても看板

こんなイメージで良いと思います、あとは形をどうすか?

足をつけたA型にする? 中に電気の入った看板を素人さんが作れるとは思えない。

父母の会などで子供を対象にしたイベントで使う看板ぐらいなら、木材じゃなくて塩ビパイプを繋いで骨組みにする方法もある。

いずれにせよ、長期耐久性を望まなければどんな素材でも看板は作れます。

とくに、下地をベニヤ板で文字をカッティングやペンキの場合、バランスが悪すぎます。

ベニヤの下地はペンキを塗ったとしても雨風ですぐにダメになります、カッティングは平均して5年、ペンキも同じぐらいです。

出来立てを10としたならば、ほとんどの看板は1年で3ぐらいまでクオリティーは落ちてしまいます。

その劣化を「味」として楽しめるなら良しなんです。

DIYで看板を製作する時は劣化を恐れずに出来る範囲でがんばりましょう。

 - 看板手作りの考察 , ,