看板を手作りする方法教えます

小さなお店の看板手作り方法を考察する

毛筆や筆文字系フォントを手作り看板で使いたいなら有料フォントを買う

      2014/12/08

手作りの看板を作ろうと思ってフォントを考えたりした時に困るのが書体自体が普通のパソコンにはあまり種類がないこと。

以前に書いた記事「手作り看板に使う書体

こちらにも書きましたが、ネットのフリーフォント集から選べれば良いけど違うと感じたら探すしかないです。

こういうのも拘りなので気が済むまで探したら良いわけですが、世の中そんな簡単には出てきません。

毛筆や筆文字系のフォントならこれで決まりだろうと思ったらやっぱり有料でした

先日仕事の依頼があって探した超カッコイイ毛筆があったのでご紹介しておきます

株式会社 昭和書体さんが販売している書体がカッコイイです。

こちらの書体を購入しても僕には一銭も入りませんのでご安心ください^^;

良い書体でしたので紹介したまでのお話です。

フォントを実際に使ってみた雰囲気はこんな感じです

有料フォント2

どうです?

めちゃくちゃシッカリした書体でかっこよくないですか??

これはとある看板に使おうと思って購入した物で10000円ぐらいしました。

この一書体で10000円です、これが安いのか高いのかは使う人が決めるわけですので価値はご自分で決めてください。

カッティングシートの切り文字だけは看板屋さんにお願いしようと考えているならご自分で書体を購入してから発注したほうが安く済みます。

これは覚えておいてくださいね。

次にフォントの縦書きの雰囲気をどうぞ

有料フォント

どうです?

かなりイケてるカッコイイ書体だと思いません?

ウインドウズやマックに最初から入っている文字には無い、重厚感があり男らしいと言うか、線の太さがステキ過ぎる書体です。

良いフォントはやっぱりお金出さないと中々手に入りませんね

 - フォント