看板を手作りする方法教えます

小さなお店の看板手作り方法を考察する

手作り看板用の部材が買えるかもしれないイベントはこちらです

      2014/12/22

a1180_007729

手作りで看板を作りたい・・と思った時に困るのが部材です。

耐久性がそれなりにあって使える物って少ないわけです。

前に書いた記事「手作りパネル看板などをオシャレにしたい方へ」なんかで書いてある飾りナットなんかはホームセンターにも売っていますが種類がないです。

そんな時にもしかしたら手に入るかも知れないイベントがちかいうちにありますよって話。

2大イベントで手作り看板用の部材を手に入れる

一般店舗運営者でも入場できる

それが「サイン&ディスプレイショウ」と、今年は終わりましたが来年もまた行われる「ジャパンショップ」。

この2種類のイベントは東京ビックサイトで行われます。

お店を営む人であれば入場できると思うので行ってみるといいと思いますよ。

看板だけじゃなくて、ディスプレイも手作りしたいとか、ユニホームの手作りとか、飾り棚を製作したいとか思ったらグルグル歩き回れば小売してくれるブースもありますからね。

最近多いのはワイヤーを使った飾り棚だったり、iPadを額縁に入れて使えるようにしたりと見た目は手作り感いっぱいだけど商品にもなってます。

気をつけたいこと

一応、業者相手のイベントなので名刺は持っていきましょう。

サンプルがそのまま看板作りに使える物もありますので貰える物はもらおう。

できれば大きなバックを持っていくほうが良いです。

狙い目ブース

一般の方で部材を手に入れたいとか、どんな部材が存在するのかを知るには行くしかないです。

私も毎年行っていますが新しいものがドンドン開発されておっつきません。

そんなところで、大きなブースに行っても相手にもされないのでやめることです。

狙い目は小さいコマでやっているブースを全て見ていくこと。

自分の興味がある部材が展示されていれば名刺を交換、もしくは名刺入れに名刺を投函してから部材見本をもらったり、販売してもらったほうが良いです。

小さいブースには販売力がありませんのでホームセンターなどでは手に入らない部材がゴロゴロ転がっています。

最後に、今年のサイン&ディスプレイショウは9月18日、19日、20日で行われます

 - 作業前にする事 ,