看板を手作りする方法教えます

小さなお店の看板手作り方法を考察する

手作り看板の文字素材を木材では無い方法で変えて考えてみる

      2014/12/08

DIY看板の文字

手作り看板を作ると言っても、大きなものから小さな物までありますね。

比較的小さな看板なら素材を考える必要も少なくて安易に出来ますが大きい看板を作りたいときはどうしましょう?

手作りする看板の文字素材をカッティングシートではない素材で考えてみる

看板の下地材がそのまま文字素材になります

アルミ複合板とかアルポリって言う素材を知っていますでしょうか?

最近のパネル看板では広く使われている素材で、腐らない、割れない(ガラスのようにはって事)、軽い、安価などの理由でよく使われていますしプロの看板屋さんならほとんどの会社で使われています。

街に目を向けると看板の下地用に使われているのでわかりにくいです。

今回はこの下地材をそのまま文字にしてみようということで「月」と言う字を作ることにしました。

加工の仕方

以前記事にした「自作看板をカッティングシートで作りたい方のカット方法

こちらで紹介した方法でアルミ複合板に印刷した文字を貼り付けてカットしていきます。

加工に必要な道具一式

音を出しても問題の無い環境と電気

10ミリぐらいの穴明け用ドリル

ジグソー

ヤスリ

このぐらいあれば問題無く加工が出来ます。

アルミ複合板は直線であればカッターでも切れます

カッターでも切れますが根気と力が必要です、あとは危険を回避する能力も必要ですが切れることは間違いありません。

文字を角ゴシックにした場合は上記の道具が必要無いです。

実際の加工風景

DIY板を文字にする

ジグソーの刃を入れる為の穴あけが必要な文字の場合は穴を先に明けてから行います。

手作り看板の文字

印刷した文字のラインに沿ってジグソーで文字の形に切っていきます。

DIY看板の文字

看板文字

写真では切り口を素手で触っていますが、危険なので手袋をしてくださいね。

切終わったら文字の完成です。

あとはお好きな場所に文字を設置してください。

設置はコーキングをボンド代わりに使えますし、ビス等でも設置出来ます。

とっても軽く、腐らないので使い方は自由です。

DIYなどが趣味の方はジグソーで文字作りを考えてみてはいかがでしょうか?

木材より耐久性は10倍ぐらい高いですよ。

 - 看板の作り方中級編