看板を手作りする方法教えます

小さなお店の看板手作り方法を考察する

木材を使って下地を作り看板を手作りしました

      2014/12/22

下地

この辺りの看板製作方法なら素人さんでも出来るだろうということで掲載しておきます。

道具さえあれば誰でも出来る木材を使った看板製作

下地用に木材を使用

木材下地

ホームセンターで安い木材を選び寸法を出してカットしてからペンキを塗る「ウッドガード」

3回ほど塗りました、もちろん塗る前にはカットして穴を開けるところは穴をあけ、少しやすりも入れていますよ。

木材の塗料で外で使うならウッドガードが一番安心かもしれませんね。

木材を使った看板は簡単ですが、仕事として使うには難がありますね、この辺りの感覚は素人さんとプロでは違いますが、お金を頂くにはいささか不安があります・・・

ドリルで穴

設置位置がコンクリートの壁なので、コンクリートドリルを用意します。

使用しているのはマキタのコードレスハンマードリルです、ドリルは3.5ミリのコンクリートドリル。

した穴を明けてそのままビスを打ち込みます

ビス

打ち込むビスは、「コンクリート用ビスの4ミリ」です。

打ち込み

木材にはあらかじめ下穴を明けておきますよ。

下地

全部設置するとこんな感じです。

ビスの入りが悪かったり不安がある場合の対処法

フィッシャー

フィッシャー・・・プラグ・・・なんて言うのかな?

コンクリートに下穴を明けて穴の中に入れてビスを打つときに使いますが、今回は使っていません。

下地のコンクリートがしっかりしていますので問題は無い。

3.5ミリで穴明けしておかしい、ゆるいなど感じたら以下の画像のようにカットして使ってみてください。

カット

上の画像は2つに割った状態ですが、穴が小さい(3.5ミリなど)場合は4分の1ぐらいまでカットして使用するとビスが効きます。

(注意として)カッターナイフでカットしないで下さい、指を切ります。

必ずニッパーでカットしよう。

文字

最後にアルミ複合板で作った文字を貼り付けます

方法としては全く同じ文字を2枚作ります。

片方は下地ようにして皿ビスで位置を固定していきます。

最後にボンドをつけたもう片方の文字を上から張り合わせて設置するとビスの後などが無くキレイに設置できます。

 - 看板の作り方中級編 ,