看板を手作りする方法教えます

小さなお店の看板手作り方法を考察する

壁面用の電気の入る看板を手作りしたい時の簡単図面

      2014/12/22

w3000

今回はいきなり上級編と言うことで木材看板やアクリルなどは無視して、鉄骨を加工できる方が対象です。

溶接などが出来る人で自分で看板を手作りしたい人は以下の図面を参考にして製作してみてはいかがでしょうか?

とはいってもとても簡単に書いた図面なので化粧などは自分で考える事。

鉄骨加工が出来る人対象の壁面看板の簡単図面

壁面内照式の看板

w3000

まずは簡単に説明しておきます。

壁面に設置する看板で内照式といえば蛍光灯を看板の中に入れること。

こういう図面はあまりないと思うので各々が設置場所などを考慮して作ると良いと思います。

壁面看板は基本風の影響が後ろからはこないので広告面側の補強をしっかりとすることです。

中に入れる鉄骨はなんでも良いです、看板屋では基本アングルを使って製作しますが用途に合わせる。

箱を作れば良いだけですよ、おそらく3メートルぐらいまでなら大人が3人ぐらいいれば設置出来ると思います。

高さがあったりした場合は別ですが・・・

蛍光灯は漏電に注意して設置すること

良くある話がやはり漏電です、ショートよりも漏電、雨などが入ることがないように看板の上側には壁面との間にしっかり防水処理を行うことです。

出来れば防水、防湿仕様の蛍光灯器具を使ったほうが良いです。

あとは、看板の中に設置するのでどうしても蛍光灯の大きさがわからないといけないです。

この記事で書いている蛍光灯のサイズはあくまでも看板灯なのでサイズが違うと思われますので注意してくださいね。

自信があるなら4メートルでも

w4000

 

鉄骨作りで溶接に自信があっても出来る限りの補強は入れておいたほうが良いです。

何があるかわかりませんからね。

建築屋さんでも看板のことはわからないらしいですから。

では~

 - 看板の作り方上級編